ゲームハードレビュー

現在、様々なゲームハードが出ているが、それぞれ長所や短所が数多くある。
ここでは、そんなハードのレビューをしてみることにする。

PS3
まずはPS3だが、このハード、初期型ではPS2が動くくせに、新型では動かないのがひどい。
また、トロフィーというXBOX360の実績システムのパクリシステムがあるが、初期に出たソフトは対応しておらず、
同期に時間が掛かったりと、テンポも悪い。
そして、アバターがなく、あるのはHOMEという変な顔の外人しか作れないいらないツールのみ。
そもそも、これで何がしたかったのかもわからず、コントローラの6軸検知など、余計なものを意味なく付ける
のは完全にありえないレベルである。
その後も、メニュー画面が一新されて見にくくなったり重くなったりと余計な改悪がうざいPS3。
綺麗な画質、大容量のブルーレイなど、性能的には十分だが、色々な面で迷走しているハードと言えるだろう。

XBOX360
そして、北米では売れているというこのハード、最新の機種では改善されたらしいが、ドライブ音がやたら
うるさい。それでも、全てのソフトをインストールして起動できるようになってからは気にならなくなったのだが、
初代XBOXのソフトは動かないものがあったりと中途半端で、マイクロソフトポイントは1ポイント=1.5円という
わかりにくさで、オンラインは有料でハードディスクは汎用の物が使えずバカ高いなど、やたらコストが掛かる。
しかも、メニュー画面は最近まではまあまあ使いやすかったのだが、最近のアップデートでやたらわかりにくく
使いにくくする始末。アップデートで前より悪くなるというこの馬鹿っぷりはあまりにもひどい。
グラフィックはPS3並に綺麗で、実績システムやアバターシステムは良くできているだけに、これらの問題で
評価を下げるのは、非常にもったいないと言える。
※その後、マイクロソフトポイントはなくなり円表示になった

Wii
糞Wiiが生まれるきっかけともなったこのハード、糞である。
何といってもこのハード、標準コントローラをリモコンにしてしまったのがひどい。
しかも、電池で動くため、頻繁に取り替えが必要といううざさ。このリモコンのせいで、ゲームによっては
ヌンチャクを付けたり、リモコン横持ちのやりにくい十字キーを使わせられたりと、とにかく操作性がいちいち
気になる前代未聞の糞ハードとなっている。
また、クラシックコントローラという従来型のコントローラもあるが、対応していないゲームも多く、何より
リモコンに接続して使うという糞仕様。なぜ本体に直接接続できないのか? 意味不明である。
他にも、SDカードの読み込みに時間が掛かったり、Miiというしょぼいアバターシステムや、ゲームキューブを
少し良くした程度のグラフィックなど、ろくなものはなく、良い点はVCとゲームキューブができるぐらいである。

3DS
裸眼3Dを搭載したこのハード、アナログ操作がようやくできるようになり、3Dゲームは快適になったのだが、
なぜかスタートボタンやセレクトボタンが平らで使いにくくなり、十字キーもWiiリモコン並に小さくなって
使いにくくなるなど、意味不明な劣化を遂げている。
また、発売当初は2万5千円というぼったくり価格で、売れなくて急遽1万円も値下げをしたり、
右アナログスティックがないために後で付属品を別売りしたり、Wiiと同じくしょぼいMiiが搭載されていたりと、
突っ込みどころも満載である。
一応、グラフィックはゲームキューブ並で、裸眼3Dはゲームによってはそれなりの効果があり、まあまあの出来
とは言えるが、現状のVCがWiiに比べてしょぼすぎるのは、いまいちやる気を感じられない。

PSVITA
このハード、画面も大きく、画質も良く、右アナログスティックも搭載するなど、性能的には良く出来ている
のだが、メニュー画面がタッチ操作しかできないという糞仕様で、相変わらずアバターのようなものがなく、
トロフィーもPS3と同じく同期に時間が掛かるなど、テンポも悪い。
また、ゲームを起動すると自動的にアイコンが作られるのだが、これを削除するとセーブデータまで消えてしまう
糞仕様で、PSPのようにセーブデータを単独で管理できなくなったのは何がしたいのか意味がわからない。

更に、アイコンの並びは上段に3、中段に4、下段に3という強制ポジションで、アイコンを小さくすることすらできない
始末。他にも、ボタンとアナログスティックの位置が近すぎて押しにくかったり、スリープ状態から復帰するのに毎回
タッチでページをめくらされたり、独自仕様で高すぎるメモリーカードやいまだにできないPS1ゲームとPSP体験版、
失態をさらしたゲーム天国など、SCEにはこのハードを売る気すら感じられない。
※その後、メニュー画面のボタン操作とPS1ゲーム、一部のPSP体験版はできるようになった

こうして見ると、どのハードも短所だらけであり、いまいちであると言える。
ハードの普及は結局はソフト次第であるため、ハードがいまいちでも十分にシェアを拡げることは可能だが、
長年ハードを作って来たメーカーがいまだに中途半端なものしか作れないのは、非常に問題である。
とは言え、どのハードも性能的には着実に良くなってきており、最近はアップデートで改善できる部分も多いため、
まだ出たばかりの3DSやVITAは特に、今後頑張って欲しいものである。

iPhone/Android
厳密にはゲーム機ではないが、家庭用以上に多くのゲームが配信されているこのハード。
グラフィックの性能的には3DSレベルで起動したゲームを瞬時に待機状態にしてまた再開できたりとその処理速度の
速さは良くできているものの、肝心の操作がタッチオンリーの糞仕様なためフィールドやダンジョンを歩けないRPGや
タッチするだけのアクションなどまともなゲームを作れず、配信専用なだけに開発費を掛けた買い切りゲームをあまり
作れず基本無料の課金ゲームばかりな市場と化しているのは終わっていると言える。

WiiU
Wiiの後継機であるこのハード、グラフィック面ではPS3や360に追いついたものの、6年遅れであり、
しかもハードディスクやプロコンは別売りというひどさ。コストパフォーマンスが最悪である。
そして、最大の売りのタブコントローラだが、でかすぎてやりにくいという糞っぷり。
テレビがなくてもできるのはいいが、そんなものは周辺機器で出せば良いわけで、それをゴリ押ししてくるからひどい。
これのおかげで据え置きハードのくせにテレビ画面でやる気が全くしないという前代未聞の謎ハードと化している。
もはやこれは家庭用ゲーム機ではない。家庭用のでかすぎる携帯ゲーム機である。

更に、ゲームや設定を起動するだけでやたら時間が掛かる上に、アイコンは大きさを変えたりできず、
フォルダも作れず、バーチャルコンソールなどはWiiモードに切り替えないと駄目という意味不明仕様。
この辺はその内アップデートで直るのかもしれないが、3DSのメニュー画面のノウハウが全然活かされていないのは
何を考えているのかわからない。

そして、相変わらずのしょぼいMii。せっかくグラフィックが進化したなら一新しても良さそうだが、服を着せ替えたりも
できないなど、全く進歩がみられない。完全に手抜きである。
他にも、実績やトロフィーがなかったり、Wiiのゲームをタブコンでできなかったり、ゲームキューブが動かなく
なったりと、残念すぎるこのハード。任天堂の据え置きハードの最後に相応しいひどい出来であると言えるだろう。
※その後、起動時間は早くなってVCはWiiUでも配信されたが、また買わせられるぼったくり仕様で、
Wiiのゲームをタブコンに表示できるようになったが操作はタブコンではできないという糞っぷり。
しかもバーチャルコンソールでWiiのゲームが配信されたがクラコン対応のゲーム以外はリモコン必須という糞仕様。

というわけで、やはり糞だったWiiU。長年糞Wiiを名乗って来たが、そろそろここで糞WiiUに改名することにしたい。
今後どれだけの糞ゲーがこのハードで生まれるのか?とりあえずは、タッチ、傾き、ジャイロ、2画面強制使用の
ゲームは開発しない方向で進んで欲しいものである。

PS4
PSシリーズ4世代目のこのハード、今回は価格が4万円と、まあ普通の値段に抑えたのは良いのだが、PS1もPS2も
PS3も動かないという互換性ゼロの糞っぷりで、PS3でダウンロード配信されていたゲームやアーカイブスすら動か
ないのは何を考えているのかわからない。おまけに、ネット対戦はPS+に入らないとできないというぼったくり仕様。
今まで無料で出来ていた部分が有料になるとは最悪である。
また、流石にPSストアはサクサク動くようになりトロフィーの表示も早くなったが、今回もアバターのようなものは
なく、コントローラは無駄に青く光ったりタッチボタンが付くなど相変わらず余計な要素を入れてくる始末で、
ソフトのダウンロードを複数行うと順番に一つずつではなく同時にダウンロードが開始されるといううざさで、一応
一時停止はできるが他のダウンロードが終わっても自動的に解除はされずまた手動で開始しなければならなかったり、
フォルダ機能もなくソフトが横に並んでうざかったりゲームによってはファン音がうるさかったり、グラフィックは
綺麗だが元々PS3で十分綺麗なわけで現状では大して驚きはなく、ゲームのスクリーンショットを撮ったりプレイ動画を
簡単に配信できる機能は良いがゲームによっては規制でできなかったりそもそも配信しない奴には何の必要もない機能で
あり、それよりは早く過去のゲームができるというクラウドゲームサービスを開始しろよ、と言いたくなる。

結局、性能的にはまあまあ進化したが、互換性のなさはネックであり、いまいち使いにくく地味なこのハード。
海外では売れているということだが、洋ゲーに比べて和ゲーはそれほど性能が求められていないということもあり、
日本では普及するまでに相当時間が掛かると言えるだろう。
※その後、新型ではファン音のうるささが解消。PS3のゲームがレンタルできるクラウドサービスも開始され、
2016年9月にはようやくフォルダ機能が実装された。

Switch
WiiUが約4年で終了し早くも投入されたこの後継機だが、ではWiiUの反省点が活かされたのかというあまりされておらず、
外に持ち運べるようになったもののでかすぎて携帯ゲーム機として使えるレベルではなく、性能はWiiUと大して変わらず
今回もプロコンや大容量ストレージは別売りで通常のコントローラは十字キーのボタンが離れてやりにくくなったり、
テレビがなくても遊べるくせにテレビに出力するドッグは強制的に付属させる始末で値段も高く、小さいコントローラを
付け外して使える機能は必要性がなく携帯モードはコードが手前で邪魔だったりメニュー画面はまたアイコンの大きさを
変えたりフォルダを作ったりできず、メニュー回りの動作は速くスクリーンショット機能が付きしょぼいMiiは必須では
なくなったが代わりとなるものはキャラアイコンしかなく実績機能もなく3DSやWiiUと互換性もなくオンラインは有料に
なったり現状はバーチャルコンソールもないなど、相変わらず駄目な要素が満載なのは非常にヤバイ。
これもまた失敗を認めない岩田や宮本が主導で作ったのかは知らないが、必要のない機能は付けるくせに必要な機能は
つけないのだから終わっていると言えるだろう。

というわけで、今回も糞だった任天堂ハード。
君島によれば3DSの後継機も検討中らしいが、いい加減に据え置き機はこれで最後にして欲しいものである。

inserted by FC2 system